20181027001
 株式会社バンダイは2018年10月26日(金)、デジタルモンスターの総合公式サイトである『デジモンウェブ』「デジモン図鑑」を更新した。今回の更新では究極体デジモン「ベルスターモン(X抗体)」「デュークモン(X抗体)」など、全6体の項目が追加されている。


ガブモン(X抗体)
GABUMON
ガブモンX抗体
レベル成長期
型(タイプ)獣型
属性データ
必殺技
・プチファイアーフック
・プチファイアー
毛皮を被っているが、れっきとした爬虫類型デジモン。とても臆病で恥ずかしがりやな性格でいつもガルルモンが残していったデータをかき集めて毛皮状にしてかぶっている。他のデジモンから恐れられているガルルモンの毛皮をかぶっているため、身を守るための保護の役目もしている。毛皮をかぶると性格が180°変わってしまう。必殺技は『プチファイアー』
■X抗体によるガブモンのデジコアへの影響
元々爬虫類型デジモンに分類されていたが、大好きな獣型の毛皮のデータを取り込み自らも獣型となった。臆病で恥ずかしがりやな性格は変わらないが、毛皮を被ると野性的な戦い方を好み、獣型らしい敏捷性ある攻撃をしかけるようになった。『プチファイアー』の右手にとり敵を殴る打撃技『プチファイアーフック』を身に付けている。よって右手には大事な毛皮を付けていない。

 ガブモン(X抗体)は、『デジタルモンスターカードゲーム』で初登場したデジモン。デザインはNaoya氏によるもの。図鑑掲載以外の技に、相手を自慢のツノで突き上げる『リトルホーン』がある。

ドラコモン(X抗体)
DRACOMON
ドラコモンX抗体
レベル成長期
型(タイプ)竜型
属性データ
必殺技
・ベビーブレイズ
・スマッシュホーン
・ジ・シュルネン
すべてのドラモンタイプのデジモンの「祖」であるといわれている古の純血竜型デジモン。小柄な体躯からは想像できないほどの身体能力を持ち、力・俊敏性ともに成長期デジモンの中でもトップクラスである。性格は非常に獰猛であるが、ドラコモンが認めた相手のみ従順な一面を見せることがある。翼を持っているが、発育が不十分であるため飛ぶことはできない。また、大きな特徴として「光るモノ」を収集したがる性質を持っており、特に宝石や金属類には異常な執着があり、気に入ったものは食べて摂取してしまう。必殺技は、高温の吐息を相手に吹きかける『ベビーブレス』と全身を回転させシッポで打撃を与える『テイルスマッシュ』。ドラコモンの全身を覆う鱗のうち一枚は「逆鱗」といわれるウロコがある。ここに触れてしまうとドラコモンは怒りのあまり意識を失い、頭部の角を激しく発光させた後に口から放つビーム弾『ジ・シュルネン』を無差別に放ってしまう。
■X抗体によるドラコモンのデジコアへの影響
翼が発達し、短時間なら飛行することが出来るようになった。
しかしその翼の真の使い道は飛翔よりも攻撃方法の変化にある。翼の位置が腕に変わったことにより前方に風を起こすことが可能となり、口から吐き出す炎『ベビーブレイズ』を風に乗せ広範囲の敵に攻撃できるようになった。また、X抗体によって高まってしまった体内の熱を逃がすために頭部の角が放熱の役割を果たしており、角の温度は超高温にまで達している。その超高温の角で相手に突撃する『スマッシュホーン』の威力は、成長期というレベルを遙かに超えているらしい。

 ドラコモン(X抗体)は、電子ゲーム『デジタルモンスターX』で初登場したデジモン。デザインは中野牌人氏によるもの。

ティラノモン(X抗体)
TYRANOMON
ティラノモンX抗体
レベル成熟期
型(タイプ)恐竜型
属性データ
必殺技
・クリムゾンブレス
・クラッシュローリング
有史以前の世界に存在した古代の恐竜のようなデジモン。発達した2本の腕と巨大な尾で全ての物をなぎ倒す。知性もあり、おとなしい性格のため、とても手なづけやすい。そのため、初級テイマーからは重宝がられ、だいじに育てられることが多い。もっとも基本的なデジモンの代表的存在と言えるだろう。必殺技は身体の色と同じ、深紅の炎を吐き出す『ファイアーブレス』。
■X抗体によるティラノモンのデジコアへの影響
デジコアに刻まれた原始のデータが引き出され、獰猛な恐竜らしさがより強調された姿となった。肉体が巨大化したことでパワーもスピードも増したティラノモンを、以前のように手懐けることは難しい。発達した背ビレは、宝石のごとく透き通るような美しさと頑強さを備えており、武器としても使えるようになっている。必殺技は従来の『ファイアーブレス』が強化された『クリムゾンブレス』に加え、全身を丸めて猛スピードで突撃し、すれ違いざまに敵を背ビレで斬り刻む『クラッシュローリング』がある。

 ティラノモン(X抗体)は、電子ゲーム『デジタルモンスターX』で初登場したデジモン。デザインは中野牌人氏によるもの。

ケルベロモン(X抗体)
CERBERUMON
ケルベロモンX抗体
レベル完全体
型(タイプ)魔獣型
属性ワクチン
必殺技
・インフェルノゲート
・ヘルファイアー
“地獄の番犬”と言われる魔獣型デジモン。四肢肢の鉤爪は純度の低いクロンデジゾイド合金ならば、簡単に引き裂くだけの硬度を持っている。また、体は硬質な生体外殻に守られており、ダメージを負っても瞬時に修復してしまう能力を持っている。両肩のアーマーは、それぞれが意識を持ち、前後左右あらゆる方向からの攻撃を瞬時に察知し、本体のケルベロモンに伝達する。得意技の『インフェルノゲート』は大地に描いた「地獄の門」を開け漆黒のダークエリアに相手を突き落とす。必殺技は灼熱の火炎放射『ヘルファイアー』。
■X抗体によるケルベロモンのデジコアへの影響
より確実にターゲットを仕留める為、格闘能力を身に付けていることが確認されている。さらに鋭さを増した鉤爪「ステュクス・キラー」を戦闘状況に応じて四足歩行と二足歩行形態で使い分け、単に攻撃するだけでなく、格闘の武具として裂く、突く、払う、受け流すなど巧みに用いている。地獄の入口付近を徘徊しているケルベロモンは容易に仕事を請負う。しかし、報酬が釣り合わない時は、そのクライアントでさえ容赦なくその鉤爪の餌食とする狡猾な獰猛犬である。

 ケルベロモン(X抗体)は、携帯ギア『デジモンペンデュラムプログレス 3.0 アニマルコロシアム』で初登場したデジモン。デザインはAs'まりあ氏によるもの。図鑑掲載以外の技に、鋭利な爪で相手を引き裂く『ステュクス・キラー』がある。

ベルスターモン(X抗体)
BEELSTARMON
ベルスターモンX抗体
レベル究極体
型(タイプ)魔人型
属性ウィルス
必殺技
・ダブルクロウ
・フライバレット・セグンド
・ディスタンシア・セロ
二丁拳銃を華麗に操る、その容姿から「ベルゼブモンレディ」とも呼ばれるデジモン。愛用の二丁拳銃『リゾマデロート』はベルゼブモンが持つ『ベレンヘーナ』の妹分にあたる。 誰とでも気兼ねなく打ち解けあい、特に銃使いのデジモンとは気の合う仲間が多くマグナキッドモン等からは「ベル子」の愛称で呼ばれている。ただ1人ベルゼブモンとは犬猿の仲で、実力は認めるものの微妙な距離を取り続けている。 漆黒のレザースーツを身に着け、攻防や翼など用途に応じて変幻できるマフラーを着用する。 必殺技は『リゾマデロート』から放たれる「フライバレット」で、敵の急所めがけてホーミングする。さらに『リゾマデロート』の仕込みナイフで敵を引き裂く「ダブルクロウ」、俊敏な旋風脚でブーツの踵に潜ませた銃から弾丸を乱れ撃つ「ハリケーンビスショット」。
■X抗体によるベルスターモンのデジコアへの影響
ショットガンに改造された「リゾマデロート」に加え小銃「ペピーノ」を操る、大きく黒い翼が特徴的な麗しのガンマン。身体能力の向上により、どんな体勢からでも決して銃弾を外さない射撃技術を手に入れた。しなやかに踊るような体裁きから放たれる射撃は、もはや一種の芸術とさえ噂されるほど華やかで美しい。本体と同じく翼が生えた『フライバレット・セグンド』は戦場を縦横無尽に駆け巡り、予測不能な軌道で攻撃を仕掛けるようになった。そして敵がフライバレットに視線を奪われている間に、ベルスターモンは翼から撃ち出した漆黒の羽で敵の視界を奪い、不可視のゼロ距離射撃『ディスタンシア・セロ』で決着をつける。

 ベルスターモン(X抗体)は、携帯ギア『デジタルモンスターX』で初登場したデジモン。デザインは姫野かげまる氏によるもの。

デュークモン(X抗体)
DUKEMON
デュークモンX抗体
レベル究極体
型(タイプ)聖騎士型
属性ウィルス
必殺技
・ジークセイバー
・ファイナル・エリシオン
オメガモン、マグナモンと共に聖騎士型デジモンは“ロイヤルナイツ”と呼ばれている。“ロイヤルナイツ”とはネットワークセキュリティの最高位に位置するデジモンで、このデジモン達を前にセキュリティを破るのは絶対に不可能である。ウィルス属性でありながらネットの守護神という矛盾を内包した存在であり、万が一でもバランスが崩れると危険な存在にもなりうる。99.9%の高純度“クロンデジゾイド”を精製して造られた聖鎧を纏い、右手は聖槍「グラム」、左手は聖盾「イージス」になっている。騎士道を重んじ、主君に対しては忠義の士である。必殺技は聖槍「グラム」から繰出す強烈な一撃『ロイヤルセーバー』と左腕の聖盾「イージス」から全てを浄化するビームを放つ『ファイナル・エリシオン』。
■X抗体によるデュークモンのデジコアへの影響
騎士としての忠義を貫き、聖なる戦いに身を投じるデュークモンは遂に、至高の聖鎧(せいがい)、聖槍(せいそう)、聖盾(せいじゅん)を授かるに至った。レアメタルである“レッドデジゾイド”、“ブルーデジゾイド”、“ゴールドデジゾイド”、そして現状最高純度を誇るクロンデジゾイドを組み合せた聖なるハイブリッド装具である。より聖なる力を発揮するようにフォルムが一新され、聖槍「グラム」より放たれる光の槍は聖なる力で増幅、長大化し『ジークセイバー』という新たな必殺技を身に付けている。尚、X抗体を獲得する前のデュークモンの赤いマントは、勇者レオモンに与えたと言われている。

 デュークモン(X抗体)は、携帯ギア『デジモンペンデュラムエックス 2.0』で初登場したデジモン。デザインはAs'まりあ氏によるもの。